自己啓発

心を疲れさせないために「捨てるべき人間関係」を見極めるコツ。人付き合いにも “断捨離” は必要だった

年末にやりたいことのひとつ、“断捨離” 。余分なものを整理してきれいに整った空間は、新年を気持ちよく迎えるために一役買ってくれます。同じように人間関係も整えられたら、新しい一年をすっきりとした気分で始められそうですよね。 この記事では、人間関…

相手から期待以上の成果を得られる「仕事の任せ方」。たったひとつ大切な心構えとは

仕事は多くの人と関わりながら進めなければなりません。そのため、時には相手から「指示通りの成果」が挙がってこなくてイライラしてしまうのもよくあるものです。そのようなことを避けるには、どうすればいいでしょうか。 400以上の企業や官公庁などの組織…

「一緒に仕事がしたい」と思われる人のコミュニケーションの特徴。いい関係は “○○” でつくれる

あなたのまわりに「この人と一緒に仕事をしたい!」と思えるような人がいませんか? では、そういう存在に自分がなるには、いったいどうしたらよいのでしょう。 大切なのは、コミュニケーションのなかでいかに相手を「リスペクト」できるかだ――こう語るのは…

コミュニケーション上手な人が「話がかみ合わない相手」ともうまく伝え合うためにしていること

時代がどれほど変化しようと、ビジネスパーソンにとって重要だとされる力が「コミュニケーション能力」です。上司や同僚とうまくコミュニケーションをとりたいのに、「話がかみ合わない」「こちらの意図がなぜか伝わらない」などと悩むビジネスパーソンは多…

「イライラを学びに変える」1年の振り返り法。人からの指摘にムカッとしたときほど学び時だった

程度の差こそあれ、他者の言葉にイラッとした経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。もちろん筆者にもたくさんあります。 しかし、それらの言葉は、のちのち自分の役に立っていることも多いようです。それなら2023年の締めくくりに、むしろ “ありがたい…

マッキンゼーやBCG出身のコンサルタントが当たり前にやっている「伝え方」3つのコツ

「プレゼンや商談が苦手。上手に話せるようになりたい……」「話しているうちに、なぜかまとまりがなくなってしまう」 このように、伝え方に関する悩みをおもちではありませんか? ビジネスシーンでは報連相やプレゼンなど、“伝える” 場面がたくさんあるもの。…

「相談してよかった」と思われる人は “○○” がうまい。相手の思考を上手に広げる6つの言葉

ビジネスパーソンであれば、ほとんどの人が「コーチング」という言葉を見聞きしたことがあるでしょう。でも、後輩や部下に対してなんらかの知識や技術を教えることと違い、コーチングをよく実践している人は少数派かもしれません。そもそもコーチングとはど…

「あの人に教わりたい!」と思われる人がやっている「仕事の技術の教え方」6つの基本

「教える」というと、なんらかの知識を教えることをイメージする人が多いかもしれません。しかし、仕事においては、知識だけではなく動作をともなう技術を教える場面も多いものです。 そんな技術の教え方のポイントを聞いたのは、コミュニケーション研修講師…

「仕事を教えるのがうまい人」が大切にしている3つのこと。「前にも教えたのに……」はこれでなくせる

仕事を教わる立場から仕事を教える立場に変わると、抱える悩みも変わります。よく聞かれるのが、以前に教えたことを部下や後輩が忘れてしまって、「また教えないといけないのか」とイライラするという悩み。 コミュニケーション研修講師として4万人以上を指…

「この一年なにも達成できなかった……」と後悔している人が “しないほうがいい” 3つのこと。

今年大きな成果を出し「有意義に過ごせた!」と充実感を味わっている人がいる一方で、「なにも達成できなかった……」と悔やんでいる人も少なくないのではないでしょうか。 次の年を気分よくスタートさせるには、一年の締めくくりが大切。このとき、満足のいく…

気が向かないときでも勉強を始められるシンプルな方法。○○を書けば気持ちが自然と切り替わる

「資格試験前の最後の追い込み期間なのに、勉強を始められない……」「勉強すべきなのはわかっているのに、机に向かってもやる気が出ない……」 このように「勉強に手がつかない」ときでも、気持ちを切り替えて勉強を始めるためには、「ロールレタリング」という…

「誰とでもうまくやれる人」がしている “苦手な相手” への工夫。人間関係は「好きか○○か」で判断する

「なぜ同僚は “あの人” とうまく付き合えるのだろう。自分にとってはすごく苦手な相手なのに……」「自分は苦手な人に対しつい嫌な態度をとってしまう。だからいつまでたってもいい関係が築けない……」「誰とでもうまくやれている同僚がうらやましい」 職場や仕…

人間関係で動揺した心をひとり静かにクールダウンさせるコツ。“ある言葉” で冷静になれる

「もしかして私、嫌われてる?」「なにあの言い方。腹が立つ」――こういった些細な人間関係の動揺は、誰にでも経験があるのではないでしょうか。この程度のことなら、すぐに忘れてしまう人も多いかもしれません。 ただ、小さな不安やイライラも、積み重なれば…

「仕事が速い人」は意外と「人間関係を大事にしている」。3つの納得理由

仕事が速い人がもつ特徴はさまざまですが、大手外資系コンサルティング企業であるマッキンゼー・アンド・カンパニーを経てエグゼクティブコーチとして活躍する大嶋祥誉さんは、「コミュニケーションスキルの高さ」をそのひとつに挙げます。 仕事においてコミ…

人間関係で心が疲れている人のためのコミュニケーション術。意思疎通のズレは “○○” で解消できる

「部下に指示をしても、解釈を間違えて勝手な行動をする……」「わかりやすく説明したつもりなのに、相手が誤解して反論してきた……」 このような仕事のコミュニケーションでの “ズレ” を感じていませんか? 「人の価値観やとらえ方はそれぞれ」とはいっても、…

優秀なリーダーのコミュニケーションの特徴。「最近どう?」と部下に聞き続ける理由とは

多くの人と関わり合いながら仕事を進めるビジネスパーソンにとって、コミュニケーションが重要であることは言うまでもありません。もちろん、チームのメンバーを束ねるリーダーは、そのコミュニケーションに長けています。 では「デキるリーダー」のコミュニ…

今度こそ「勉強の習慣化」がうまくいく目標設定のコツ3選。○○さえ決めれば取り掛かりがラク!

「勉強するつもりでいたのに、SNSばかり見てしまって勉強できなかった……」「『毎日勉強するぞ』という目標を何度立てても、毎回達成できない……」 このように悩んでいる人が試してみるといいのは、目標の立て方を工夫すること。 この記事では、科学的知見をふ…

「有能だし印象もいい」と評価される人の特徴。身につけるために毎日振り返りたい3つのこと

仕事をするにも、人と接するにも、何をするにも、自信は私たちの大きな力となります。しかし、その自信が過剰になると、今度は “愚かさ” の原因になってしまうのだとか。そのため専門家は、「自信」だけでなく「知的謙虚さ」も必要だと説いています。 そこで…

どんなに大変でも「心に余裕のある人」の特徴3つ。心を疲れさせない秘訣は「○○上手」になること

「自分の仕事が忙しくて余裕がないときに、チームで大きな問題が発生した」「資格試験と仕事の繁忙期が重なってしまった」 ただでさえ余裕がないのに、追い討ちをかけるように大変なことが重なると、心も体もヘトヘトに疲れてしまいますよね。 そして、同じ…

「言いにくいことでもちゃんと言えて、しかも相手を動かせる人」が大切にしている伝え方5つのコツ

会社の先輩は「こうしていい」と言うが、そうは思えない。内心断りたいけど、自分はまだ入社したばかり……。 上司が決めたことよりも、最適なアイデアがある。でもその上司は、自分にとってすごく苦手な相手……。 大事な取引先の担当者に、ある間違いを指摘し…

「物静かなのに好印象な人」は○○がうまい。じつは周囲から慕われやすい内向型の人の意外なスキル

「同僚との会話が続かない。慕われる存在になりたいのに……」「周囲から好かれるには、やっぱり話し上手にならないとだめかな……」 コミュニケーションや人間関係の構築に悩んでいる、内向型の人は多いのではないでしょうか。しかし、“物静かなのに好印象” な…

「この人の説明は最高にわかりやすい!」と評価される “基本の型” 2選。結論は〇字以内がベスト

「端的に話そう」と思っていても、話しているうちに説明がどんどん長くなってしまう——。そんなことに悩んでいる人はいませんか? アメリカでコミュニケーションスキルを学び、企業経営者向けメディアトレーニング、プレゼンコーチングを行なっている岡本純子…

本当に効果的な「叱り方・ほめ方」とは? 経営者1,000人超の話し方を変えた伝説のコーチに聞いてみた

上司は部下に、なにかと注意や指摘をしなければならない立場にあります。その「注意や指摘」について、「叱る」こととイコールだと考える人は多いでしょう。 この認識に警鐘を鳴らすのは、アメリカでコミュニケーションスキルを学び、企業経営者向けメディア…

最高に印象がいい「仕事の頼み方」。NYで世界水準の伝え方を習得した専門家が解説!

仕事におけるコミュニケーション力の重要性は多くのビジネスパーソンが認識しているはずですが、一方でコミュニケーションに苦手意識をもっている人も多いのが実情です。 同僚に頼み事をしたり後輩にミスを指摘したりする場面では、どのように伝えるのがベス…

仕事のパフォーマンスが上がる「数十秒の朝習慣」。たった2つ決めるだけで、うまくいくベースが整う

多くのビジネスパーソンは、朝に目を覚ますと、その日の予定やタスクについて考え始めるのではないでしょうか。そんなとき、もしも「今日は失敗しそう」などとネガティブな想像をしてしまうと、本当にその日のパフォーマンスが下がってしまうそうです。 そう…

「仕事ができて人間関係にも恵まれる人」の3つのスキル。“○○の言語化” でコミュニケーションが好転する

「仕事ができるあの人は、すごく人当たりもいい。あの魅力は、彼にしかないものだよな……」 そんな、仕事の能力が高いだけでなく対人関係もうまくいっている人に憧れを抱きつつも、「自分はあんなふうにはなれない」と諦めていませんか? 今回の記事では「仕…

「毎日勉強できる人」はモチベーションに頼らない。代わりにやっているのは “○○だけ” だった

「毎日勉強したいのに、三日坊主で終わってしまう」 「どうすれば勉強を継続できるのかわからない」 とお悩みの人には、「小さすぎて失敗すらできない」ような「小さな習慣」の積み重ねがおすすめです。(カギカッコ内引用元:スティーヴン・ガイズ著, 田口…

勉強にすぐとりかかれる人は「脳の準備」ができている。重要な「4つの要素」あなたは満たせてる?

専門家いわく、何かを行動するには「脳の準備」が必要なのだとか。だとすれば、やろうという気持ちがあるのに、学び直しを始められない社会人は、脳の準備ができていない可能性があります。勉強を軸にそれを掘り下げ、脳の準備を整えるコツを探ってみました…

今度こそ「仕事が速い人」になれる3つのテクニック。「行動分析学」で仕事はどんどん前に進む

人手不足が大きな問題となっているいま、仕事の効率化やスピード向上はビジネスパーソンの重要課題です。そこでアドバイスをお願いしたのは、「行動分析学」を活用し、ビジネスパーソンの行動上の問題の解決を試みている明星大学心理学部教授の竹内康二先生…

専門家が解説「先延ばしせず勉強できる人」になるための強力な方法。大切なのは「○○の振り返り」

「学び直しをするぞ!」「読書量を増やしたい!」などやる気はあるものの、なぜか「あとでやろう」と考えてしまう「先延ばし」。そんな行動をやめて自分を動かす方法を、「行動分析学」の専門家である明星大学心理学部教授の竹内康二先生に聞きました。大切…

疲れていて30%の集中力しかないときでも「やるべきことに確実に着手できる」科学的方法

仕事や勉強など、やらなければいけないことがあるのになかなか着手できない——。そんなビジネスパーソンにとっての「あるある」はどうして起こり、そのような事態にどう対処すればいいのでしょうか。 お話を聞いたのは、明星大学心理学部教授の竹内康二先生。…

「控えめ」なのに「仕事ができる人」がこっそりやっている、とても大切な2つの勉強習慣

「チーム内のコミュニケーションさえ苦手な自分が、昇進なんてできるわけがない……」「積極的なあの人はプレゼンが得意だけど、内向的な私は人前に立つと萎縮してしまう……」 「内向的だから仕事ができない」――このように悩んでいませんか? じつは、内向的で…

人間関係で動揺しても落ち着きを取り戻せる “心にいい習慣”。「3行日記」で本当に前向きになれる!

仕事でもプライベートでも、人間関係の悩みは尽きないものですよね。そうしたとき、人の心を読んでコントロールするのは無理ですが、自分の心の動揺を、鎮めることは可能なはずです。 そこで、筆者が取り入れようと考えたのは、ストレスの軽減や、感情の整理…

手遅れじゃない! 大人が自己肯定感を高める方法4選

自己肯定感を高めるメリットと、大人におすすめの自己肯定感を高める方法を解説します。短い日記をつける、習慣化アプリを使うなど、すぐに始められるものばかりです。

職場で「圧倒的に好かれる人」3つの習慣。“能力は高くても人間関係でつまずく人” とどう違う?

「実績を挙げてはいるが、チームメンバーと打ち解けるのが難しい……」「自分のほうが専門知識はあるのに、声をかけられるのはなぜかほかの同僚……」 能力に自信はあるものの、人間関係でつまずいて悩んではいませんか? 一方、周囲を見渡せば、特別なスキルが…

「大目標を達成できる人」が地道にやっていること。「○○」を重ねられる人はやっぱり強かった

高く評価されている同僚と自分を必要以上に比べて、落ち込んでしまった。 成功を収めている友人を見て「自分も大きく成長したい!」と考え、スキルアップの勉強を始めたが、うまくいかず途中で諦めてしまった。 ……そんな経験はないでしょうか? もしかすると…

職場の「困った人」とうまく付き合える人がしていること。○○しなければトラブルは解決できる

「ちょっと付き合いづらいな」と感じる人がいるとき、友人関係であれば距離を置くことができますが、職場の人間関係の場合、距離を置きたくても難しいことが多いもの。その結果、職場に行くこと自体がストレスになったり、仕事中にモヤモヤして集中できなか…

「心が疲れない人」が「やらない」3つのこと。心が疲れやすい人は○○しすぎている

「職場のことで、なんだかいつもストレスを感じる」「仕事中、ちょっとしたことで気疲れしてしまう」 心が疲れやすいと感じている人は、“じつはやらないほうがいい考え方” の習慣が身についてしまっているかもしれません。心が疲れない人は、そうした考え方…

自己肯定感が低い人の4大特徴×原因4つ×高め方4選

自己肯定感が低い人の特徴と原因を4つずつ紹介します。改善策も4つ解説するので、自己肯定感の低さに悩んでいるならぜひ試してみてください。

強いチームの特徴は「自分はそうは思わない」と誰もが言えること。心理的安全性を高めるための “2つの基本”

近年、企業において成果を挙げるために重要な要素として、日本のビジネスシーンでも「心理的安全性」という言葉がよく聞かれるようになりました。その重要性はどんなところにあり、どうすれば高められるのでしょうか。 モルガン・スタンレーやGoogleを経て経…

Googleの社員は、なぜ社内の雑談を重視するのか? Google出身の経営者に聞いてみた

ビジネス書では「雑談力」といった言葉もよく見られますが、その効果はどんなところに表れるのでしょうか。 お話を聞いたのは、モルガン・スタンレーやGoogleを経て経営コンサルタントとして活躍するピョートル・フェリクス・グジバチさん。Googleでは社員ど…

「仕事ができる人」はいい人間関係を築くのもうまい。その秘訣は「雑談」にあった

「雑談」とは、「とりとめのない話」のことです。しかし、コミュニケーションが重要だとされる仕事において、雑談を単なるとりとめのない話にとどめておいていいものでしょうか。 モルガン・スタンレーやGoogleを経て経営コンサルタントとして活躍するピョー…

自分に自信がない人の5大特徴×原因4つ×改善策5選

自分に自信がもてないと苦しんでいませんか? 自分に自信がない人の特徴と原因を把握し改善策を実践すれば自信がもてるようになりますよ。自信をつける方法を5つ解説します。

「勉強しよう」とは思うのになぜか実行できないあなたが、今度こそ「本当に勉強を始められる」強力な方法

学び直しに精を出す自分と輝かしい未来を想像するまではよかったが、結局のところ日々の仕事に疲れ、まったく勉強を実行に移せていない……。 それなら、危機感を味方につけてみてはいかがでしょう? 学習意欲との関係と、その活用法を紹介します。 【ライター…

人間関係に疲れやすい内向型のあなたが、大事な仕事に最大限のエネルギーを注ぐためにやるべきこと

人付き合いが得意ではない内向型の人にとって大きな壁となるのが、「人間関係」です。でも、人といっさい関わらない仕事など存在しないもの。内向型の人は、どのように人間関係と向き合えばいいのでしょうか。 自身の経験をもとに内向型の人のキャリア支援や…

【ジル・チャン氏】「内向型だから仕事ができない」という思い込みを捨て、パフォーマンスを高める方法

「自分は内向的な人間だ、だから仕事ができない」——そんなふうに考えている人はいませんか? たしかに、多くの人と関わりながら仕事を進めるビジネスパーソンにとっては、外向的であることはひとつの能力と言えるかもしれません。 しかし、「内向的だから仕…

“頭がいい” だけでは仕事はできない! ビジネスで成功しやすい「EQが高い人」5つの特徴

仕事ができる人になるためにぜひ身につけておきたいのが「EQ(Emotional Intelligence Quotient)」です。 株式会社イー・キュー・ジャパン設立者でEQに詳しい高山直氏は、「EQは人のOSである」と述べています。EQは人というデバイスを動かす重要能力だとい…

「なぜか評価されない人」と「自然といい評価を得られる人」の考え方 “4つの違い”

「仕事を頑張っているのに、なぜか出世や評価につながらない……」「業績を上げているわりに、上司からほめられることが少ない……」 なぜか評価されないという悩みを抱えるあなたは、次の4つの “残念な思考” に陥っているのかも。それらを改めるだけで、社内で…

脳が自然と勉強したくなる! 学び直しをなかなか始められない人が今度こそ勉強するための「3つのコツ」

住民基本台帳に基づく数字によると、日本に住む100歳以上の高齢者は、老人福祉法が制定された1963(昭和38)年には全国で153人でしたが、2022(令和4)年にはその590倍ほどにもなる90,526人となったそうです(参考:厚生労働省|1 R4百歳プレスリリース)。 …

努力が報われなくて自己嫌悪に陥ったときに確認したいこと。「努力の方法、間違ってない?」

仕事や勉強などに取り組んでいても、努力がなかなか結果に結びつかず、自己嫌悪に陥ってしまうことは誰にでもあることかもしれません。しかし、脳科学者の中野信子さんによると、そんな「自分が嫌い!」という嫌な気持ちは、学習のためのフィードバックシス…

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >>株式会社スタディーハッカー公式サイト

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >>ENGLISH COMPANY公式サイト

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >>STRAIL公式サイト