スケジュール管理

社畜寸前だった男が「週末だけで海外旅行」をはじめたら、生き方も働き方も大きく変わった話。

「休み方が下手」といわれることも多い、われわれ日本人。平日は仕事に追われ、週末にはだらだらと無為に過ごしてしまうという人も少なくないでしょう。 ところが、普段はビジネスパーソンとしてバリバリ働きながら、週末を使って年に何度も海外旅行をしてい…

マルチタスクが脳に危険すぎるこれだけの理由。生産性が40%下がるのも当然だった。

会議の資料を作りつつ、クライアントからのメールをチェックし、同僚とチャットで打ち合わせをする……。 このように、テクノロジーの発達によって、複数の仕事を同時に進めることはいつも簡単になりました。きっと多くの人が、無意識のうちに「マルチタスク」…

目標達成率を爆上げする “タイムマネジメント” 5大原則。「15分ルール」でやるべきことがさくさく進む!

仕事でも勉強でも、目標を達成するには上手な時間管理が必須です。たしかに、ちょっとぐらいはダラダラ過ごしたとしても、それなりに物事を続けていれば多少の上達は見られるかもしれません。しかし、限りある時間に意識を向けている人と向けていない人とで…

休日に仕事を忘れるための4つの秘策。金曜夜の “切り替え儀式” でオフモードに入れる!

自由に過ごせる「休日」。人それぞれ、思い思いの過ごし方をしていることでしょう。しかしなかには、普段の仕事から解放されてリフレッシュしたいと思っているにもかかわらず、仕事のことが頭から離れない……と、お悩みの人もいるはず。 「仕事を忘れて休日を…

なぜ早起きは続かないのか? 「5分だけ早く起床」から始めるのがとても有効な理由。

早起きを習慣化しようとしたが、挫折してしまった。そのような経験はないでしょうか? 毎日仕事で忙しく疲れているから、朝は1分でも長く寝ていたい……! そんなビジネスパーソンの皆さんにとって、早起き習慣を身につけるのはとても難しいことでしょう。 今…

超多忙の山口真由さんが、それでも毎日「90分の空白時間」を死守するワケ。

「資格取得のための勉強をしなければ……」「会社に提出しなければならない大事な書類をつくらなければ……」 自分に課せられた「タスク」をこなしていくには、やはり毎日の時間の使い方が大切になってきます。そして、そういった “本題” に対してしっかり向き合…

東大首席・山口真由さんが「4分」あればどこでも本を読む深い理由。

忙しい毎日のなかで「学びの時間」を確保するのは、思いのほか難しいことです。仕事や学校以外の時間をすべて使えるわけではありませんし、予定していなかった用事が急に舞い込むことだってあるからです。 でも、やり方次第で「確保できる」というのは、数々…

「わたし、定時で帰ります。」と言える人になるための仕事効率化4つのヒント。 

「いつも残業続きでまったく定時に帰れない」と嘆いてばかりいる原因は、「仕事が終わらなかったら残業すればいい」という意識にあるかもしれません。残業せずにしっかりと仕事を終え、定時で帰ると、想像以上に大きなメリットがありますよ。ただし、それを…

仕事で成果を出せる人は “この3つ” をやっている。「ToDoリスト」いつ書いてますか?

「1日のはじめに計画を立てたけれど、予定通りに仕事が進まなかった」「職場で集中するのが難しい」「重要な仕事を後回しにして、重要度の低い仕事に手をつけがち」このように、充実した効率的な働き方ができない、という悩みを抱える人も多いのではないでし…

「気がついたら休日が終わっている」のはなぜなのか。

1週間働き続けて、ついに待ちに待った休日。貴重な休日だったはずなのに、気がついたらあっという間に日曜日の夜。「心も体も休まっていないのに、もう仕事に戻らなければならないのか……」と、がく然とした経験はありませんか? 気がついたら休日が終わって…

デキる人が絶対に「オールA」を狙わない理由。リターンが小さすぎるタスクは後回しにしてもいい。

あなたの周りには「驚くほど仕事が早い人」はいますか? 例えば、ほとんど残業をしないのにいつもトップクラスの営業成績をあげる人や、同じ時間の中であなたの倍近くの仕事量をこなしてしまうような人など。仕事の早すぎる彼らを見て、「きっと特別な才能が…

一流は「無駄なヒマ」を嫌う。“たった5分” の過ごし方で明暗が分かれる可能性。

仕事や勉強に追われる毎日。仕事・勉強以外に使える “自由な時間” を手にできると、つい何も考えず怠惰に過ごしてしまう人も多いのではないでしょうか。 しかし、自由な時間をどのように使うかで、社会人としての成長度合いに差が出てきます。「朝は必要以上…

「先延ばし癖の放置」が最悪な3つの理由。気づかずに脳に負担をかけているかも。

「まだ納期まで時間があるから後回しにしよう」「今は忙しいから、この資料は後で読もう」など、誰もが先延ばしをしたことがあることでしょう。なかには、先延ばしがすっかり癖になっており、先延ばしばかりの自分を変えたいと悩んでいる人もいるかもしれま…

なぜ一流は “手帳の質” にまでこだわるのか? 倍以上の予算をかける深すぎる理由。

突然ですが、皆さんは手帳にこだわりがありますか? 「予定さえ書ければ良いから特にこだわりはない」という方もいるかもしれませんね。しかし、実は一流のビジネスパーソンが使う手帳にはある共通点があるのです。 皆さんも、これまで何気なく使っていた手…

長時間労働がもたらす3つの弊害。デスクまわりの “あの文房具” が仕事の生産性を下げていた!?

ここ数年、政府主導による働き方改革などの影響から、残業時間の削減や休日の増加といった、いわゆる「時短」が各企業で実施されていますよね。しかし、この流れに乗れずに「残業しなくては」と毎日残業してしまって疲弊しているビジネスパーソンも多いので…

「朝型」「夜型」は遺伝子レベルで決まっている!? 早起きが苦手ならば夜を充実させればいい。

1日を有意義に過ごすために、早起きして勉強や趣味などに励む “朝活” がはやっています。しかし、その一方で、何度早起きに挑戦しても挫折するという人も少なくありません。じつはそれ、単にあなたが夜型体質であるだけかも。最近の研究では、朝型と夜型は遺…

朝4時起きのエリートたちに共通する「朝活習慣化の工夫」は意外にシンプルだった。

「朝は頭がすっきりしているから、勉強や仕事を効率的に行なえる」「経営者をはじめとする成功者の多くが、早起きをしている」 など、あなたも早起きの良さに関して見聞きした経験があるのではないでしょうか? しかし、早起きを実践してみたくても、実際に…

「なぜか仕事が速い人」がしていない意外なこと。ToDoメモに頼りすぎると仕事はかえって遅くなる。

皆さんのまわりに、「なぜか仕事がとにかく速い人」はいませんか? 人によって仕事スピードが異なるのは当然。残業に頼りながらなんとか仕事を終わらせる人もいれば、定時までに余裕を持って終わらせて颯爽と家路につく人もいます。でも、「経験」や「能力」…

長時間残業を生み出す「10の最悪習慣」。効率を40%も落とす “あの癖” は今すぐやめるべき。

年度始めは、引き継ぎや新しい仕事に慣れるためになにかと忙しい時期。そんな繁忙期こそ、残業を圧縮する習慣に取り組んでみてはいかがでしょうか。 連載第14回目は、長時間残業を生み出す「10の悪い習慣」について説明していきながら、それらにまつわる38の…

“6つのタスク” を優先順位づけ。生産性向上に効く「アイビー・リー・メソッド」がすごい。

仕事の量が多すぎて毎日残業。帰宅が遅く、平日の夜は自分の時間が全く取れない。定時退社なんて夢のまた夢。そんなビジネスパーソンの方は多いことでしょう。 なるべく早く仕事を切り上げられれば、その分の時間を自身のスキルアップや趣味に当てられ、より…

二流は「やらないこと」を決められない。“コトの断捨離” で時間はいくらでも生み出せる。

「今日は朝からメールを確認して、午前中いっぱいは打ち合わせ。午後は取引先を訪問して、夕方帰社したら夜まで資料作り……」ビジネスパーソンの1日は、このように仕事の予定でいっぱいなことでしょう。それらをすべてこなすだけでも大変ですよね。 しかしな…

夜ではなく朝にこそ休息をとるべき理由。心身が整う「3つの朝習慣」で1日が変わる。

仕事や勉強が忙しい人は、なかなか疲れがとれないことも多いでしょう。早く寝たり、リラックスしたりしても、効果がいまひとつ現れないときは、ぜひ心身を整える「朝習慣」をお試しください。 休息は、夜だけにするものだと思っていませんか? ちょっとした…

デキる人がプライベートも大事にするたったひとつの理由。「続きは家で…」だと脳は疲れる。

もっと仕事の成果を上げたい、評価が欲しい、デキるビジネスパーソンになりたい……! ならば、もっともっと頑張らなければ……! こう考えて、休日や夜のわずかな休息タイムまで仕事に費やしている人はいませんか? その熱意はたいへんすばらしいものですが、プ…

「年収800万円以上の7割が早起き」という事実。朝に慌てる人はなぜ仕事がデキないのか?

「朝はいつも時間ギリギリまで寝て、起きた途端に大慌てで支度する。遅刻はしていないから、問題ないよね?」――いやいや、それは大問題です。その日のパフォーマンスを、ドーンと下げている可能性がありますよ。早起きする人は高年収だというデータもあるの…

日中に最高のパフォーマンスを発揮するための、朝に “絶対にやらないほうがいい” 4つの悪習慣。

1日の始まりである朝。学校や会社へ「さあ、行くぞ!」と意気込んでしゃっきり起きる人もいれば、「もっと寝ていたいな……」と後ろ髪を引かれる思いでベッドからはい出す人もいるかもしれませんね。 じつは、多くの人が何気なく行なっている朝の行動に、日中…

休日の朝寝坊や海外出張による “時差ボケ” を「運動」で解消できる可能性。

2018年は京都大学・本庶佑特別教授のノーベル生理学・医学賞受賞が話題になりましたが、2017年の同賞は、体内時計のメカニズム解明に功績を残した3人の米研究者に授与されました。この受賞で、体内時計の重要性が広く知られるようになったといいます。 しか…

憂うつな日曜日の夜。サザエさんを観る代わりにするべき3つのこと。

「はぁ、また一週間が始まるのか……」日曜の夜になると、翌日からの仕事のことが気になり、憂うつになってしまうものですよね。金曜の夜から日曜の夕方ぐらいまでは「休みだ!」と気分が上がっていても、日曜の夜が来ると、楽しい休日から現実に引き戻された…

「時間がない」は錯覚に過ぎなかった。1日 “たった10分” の勉強も、積み上がればすごいことになる。

ビジネスパーソンが大学や専門学校に通い直したり、通信教育やオンライン講座を受けたり、書籍を使って独学をしたり——「学び直し」という言葉が最近のトレンドになってきています。 では、実際に学び直しをできている人はどれくらいいるのでしょう。「人生10…

“いつも余裕に見える人” がこっそりやっている「時間の使い方」4つの工夫。

いつも仕事でパニックに陥っている人と、いつも余裕に見える人の差は、いったい何でしょう?それは、「時間の使い方」にありました。時間に追われ、焦ってばかりいるというビジネスパーソンの方々に、いつも余裕に見える人の「時間の使い方」を紹介します。 …

微妙な “15分の空き時間” をどう使うかで仕事の生産性は決まる。

インターネットや携帯電話がなかった時代に比べ、いまの仕事には「質」はもちろん、「スピード」が強く求められるようになってきました。どんなに質が高くても、スピードを伴わない仕事をしていては、顧客が満足してくれることはないでしょう。 限られた時間…

帰宅後に “絶対にしてはいけない” 4つの最悪習慣。「何をするか決めていない」に根本原因があった。

みなさんは、帰宅後の過ごし方にルーティンはありますか? 多くの人が「そんなものはない」と答えるのではないでしょうか。 転職サイト「とらばーゆ」が20代の独身女性100人を対象に “退社後の過ごし方” についてアンケートを実施したところ、「ご飯を食べて…

「週1日は “仕事をしない日” をつくる」チャンスを確実にモノにできる人がやっていること。

いい仕事をするには、とにかくがむしゃらに全力で臨む——。それもひとつの考え方でしょう。でも、それだけでは本当に大きな成果につながる仕事はなかなかできない……。そう語るのは、大手化学メーカー・花王の研究開発職を経て、現在は商品開発コンサルタント…

仕事の優先順位を「重要度」で決めたがる人が陥るワナ。

限られた時間をどう使えば効率的に仕事をこなせるのか——。ビジネスパーソンにとって永遠のテーマのひとつかもしれません。 大手化学メーカー・花王の研究開発職を経て、現在は商品開発コンサルタント、ビジネス書作家、講演家などさまざまな顔を持つ美崎栄一…

“忙しさ自慢” は時代遅れ。「休みは要りません人間」はイマイチ仕事がデキない真因。

「休むのは今の年始の時期ぐらい。2019年の仕事が本格的に始まったら、平日休日関係なくバリバリ働こう」 こんなワーカホリック気味の人は要注意です。 なにかと “忙しいこと” が美徳とされてきた日本ですが、多くの人が薄々勘づいているように、効率的な仕…

休日に「家でゴロゴロ」が最悪なワケ。一流は何かに “没頭” して過ごす。

日ごろの疲れを解消すべく、休みの日に寝だめをするビジネスパーソンは多いことでしょう。しかし、たくさん寝たはずなのに、休み明けに変なだるさを感じたことはありませんか? なぜ「寝だめは良くない」のか。その真相を探ってみると、真の一流たちが休日を…

スケジュールを真っ黒に埋めたがる人がマズイ理由。「予定はスキマだらけ」のほうが出世できる。

社会人にとって大切な素養のひとつに「スケジュール管理」が挙げられます。仕事全体が効率よく進むように計画や段取りを汲むのは、仕事をする “以前” の超基本的なビジネススキルと言ってもいいでしょう。 でも多くの人が、このスケジュール管理を誤解してい…

いつも時間に追われている人は「月曜日の朝」の過ごし方が最悪だった。

「嫌いな曜日は?」と聞かれたら、きっと多くの人が「月曜日」を思い浮かべるはずです。 総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティングによる『曜日に関する調査』で、1,000人のビジネスマンに同じ質問をしたところ、なんと69.5%もの人が、嫌…

ビジネスパーソンを襲う “夜更かし肥満” はこんなにヤバい。自己投資できず太り続ける恐怖。

睡眠不足による様々な弊害が知られるようになり、徹夜の仕事や勉強をよしとする風潮は薄まりました。それでも、いまだに日本は睡眠不足大国といわれています。 新しい研究では、睡眠不足が自己投資までも妨げかねない実験結果が報告されています。その内容と…

“なぜか余裕に見える人” が必ず知っている3つの原則。一流は「やらない」という選択肢を持つ。

大手外資系IT企業に勤めるビジネスパーソンでありながら、琉球大学客員教授や複数のスタートアップ企業の顧問、NPOのメンターなどさまざまな顔を持つ澤円(さわ・まどか)さん。ビジネスシーンでは「世界ナンバーワン・プレゼンター」としても知られます。 …

脳のパフォーマンスを最速で引き出す覚醒時間術。休憩時間は「5分」と「15分」を使い分けなさい。

「真面目に仕事をしているが、どうもいつも進みが悪い」「必死にやっているのに、ミスしてしまう」という方は、集中のサイクルを意識して、仕事の時間を区切るといいですよ。その際には、ぜひ「15<30<90分サイクル」を取り入れてみてください。さっそく説…

「サボってるわけじゃないんです」頑張らずに成果を出せる人の “省エネ仕事術” がすごい。

どんな仕事も高い完成度をめざし、丁寧に取り組んでいる。仕事はいつも全力投球。自分は、誰よりも頑張っているはず! だけど……成果はごく平凡で、評価も普通。自分よりも頑張っていないように見える人が成果を出して出世していく。いったいどうして!? そ…

【年収1,500万 vs 年収500万】“1,000万円の差” を生む「時間の使い方」決定的な4つの違い

優れた成果をあげて高年収を実現している一流ビジネスパーソンと、ごく平均的な収入の普通のビジネスパーソン。両者の間には「時間の使い方」に決定的な違いがあるようです。 時間の使い方を少し変えるだけで、自分の収入をコントロールできる可能性がある。…

1年で “3,600分以上” の時間を無駄にしているかも。「片づけられない人」は仕事がデキない裏事情

頭の中がごちゃごちゃして、いつも考えがまとまらない。 仕事の要領が悪い。もっとスピーディに仕事をこなしたい。 そう思っているのであれば、「片づけ」をマスターしませんか? 意外かもしれませんが、実は身の回りの整理整頓が仕事力アップに効くのです。…

「夕方のラストスパート」は脳に最悪。定時直前に焦らない人は “この3つ” をやっている。

朝の時点では、「定時までに今日の仕事を終えよう!」と張り切っていたのに、このぶんじゃ、とても終わりそうにない。焦って夕方にラストスパートをかけようとすると、今度はイライラしたり、集中力が続かなかったりする。時間が経過するほど、その状況は悪…

デキる人ほど “良い意味で” よくサボっている。あの人がいつも余裕そうに見える納得のカラクリ。

「デキる人ほどサボり上手だ」 こう言われたら、多くの人が耳を疑うでしょう。 でも、“サボる” という言葉を額面通りに捉えてはいけませんよ。ここで言う “サボる” とは、本当に大事な仕事で成果をあげるために、エネルギーを温存する工夫をしたり、不要な無…

デキる人が「水曜日」を大切にする深い理由。1週間の予定は必ず “週の真ん中” で立てなさい。

水曜日は気持ちが緩んで中だるみする……。疲れがたまって、やる気が起きない……。まだ休みまで2日もあってウンザリ……。そんな声が方々から聞こえてきますが、「水曜日」はとても大切だということをご存知ですか? デキるビジネスパーソンが、水曜日を大切にす…

帰宅後19時半から始める “夜のルーティン” が仕事力アップに効く。

仕事から帰ったらスーツのままソファに沈み込み、しばらくテレビをボーっと見る。適当に夕食を済ませたら再びダラダラ。ドラマを見ているうちに遅い時間になってしまったので、シャワーを浴びて寝る……。多くのビジネスパーソンにとって、よくある帰宅後の過…

いつも “余裕に見える” 人が普段こっそりやっている4つのこと。

いつも時間に追われ、焦っている皆さん、「いつでも “余裕たっぷりに見える” 人」が、こっそりやっていることを知りたくありませんか? 実は驚くほど単純なことばかりなんです。さっそく説明しましょう。 1.ToDoリストに所要時間を書く 数多くのビジネス書…

脳科学が警告。“効率悪すぎ” “脳にも危険” な4つの最悪仕事習慣。

「自分は常に仕事の効率だけを考えている」と前のめりになっていませんか? その仕事の進め方、実はかなり危険かもしれません。知らず知らずのうちに、むしろ仕事の効率を下げている可能性があります。脳科学ほか、さまざまな専門家が警告する「NGな仕事の進…

「生産性の低すぎる人」が絶対に知らない、4つの超効率的仕事術。

もしも、「自分の仕事のやり方は、効率が悪いのではないだろうか……」と悩んでいるなら、「生産性の高い人がしている4つのこと」を行ってみてください。さっそく紹介しましょう! 1.生産性が高い人は「核」となる仕事に労力を注いでいる 経済学者の野口悠紀…

会社案内・運営事業

  • 株式会社スタディーハッカー

    「STUDY SMART」をコンセプトに、学びをもっと合理的でクールなものにできるよう活動する教育ベンチャー。当サイトをはじめ、英語のパーソナルトレーニング「ENGLISH COMPANY」や、英語の自習型コーチングサービス「STRAIL」を運営。
    >>株式会社スタディーハッカー公式サイト

  • ENGLISH COMPANY

    就活や仕事で英語が必要な方に「わずか90日」という短期間で大幅な英語力アップを提供するサービス。プロのパーソナルトレーナーがマンツーマンで徹底サポートすることで「TOEIC900点突破」「TOEIC400点アップ」などの成果が続出。
    >>ENGLISH COMPANY公式サイト

  • STRAIL

    ENGLISH COMPANYで培ったメソッドを生かして提供している自習型英語学習コンサルティングサービス。専門家による週1回のコンサルティングにより、英語学習の効果と生産性を最大化する。
    >>STRAIL公式サイト